提出書類

銀行での融資取引の際には、実に様々な書類の提出が必要になります。

 

その数の多さに、多くの人は対処することがこんなんであるという判断をしがちなものですが、そのどれもが、銀行での融資をきちんと行うためには欠かせない情報が記載されているものとなるために、一つ一つの資料を確実に提出することが求められていきます。実際に融資を受ける前に必要な書類が揃っているのかを確認することが有効となります。

 

提出書類の中でも特に重要な情報が記載されているものが、銀行取引約定書と言われている書類です。

 

銀行取引約定書は、銀行融資取引の基本約定書という名目で扱われているものであり、その融資取引の様々な詳細が記載されているものとなっています。

 

以前は銀行にのみ一方的に有利となる約定であったことが指摘されたこともあり、現在ではその内容が改正されることになりました。銀行取引約定書という書類には、書類そのものの他、4000円の印紙や割印などを行うことが必要になっており、提出の際に必要とされています。また近年では、銀行によっては銀行取引約定書を2部作成するところもあり、銀行と取引先の双方が保管するという方式をとっているところも存在しています。

 

その他にも債務を保証する人が直筆にて書類を作成し、さらに捺印を行う必要がある保証約定書という書類が必要になります。保証約定書にも銀行取引約定書と同じく印紙と割印が必要になりますが、印紙の価格は200円と銀行取引約定書と比較して安価なものになっています。

 

この他にもその企業がきちんと営業を行うことができているのかを判断するために必要な営業許可書などの資料の提出を求められるなど、審査の対象として多くの情報が必要になります。

 


このページの先頭へ戻る