担保と保証人

銀行から融資を受ける際に欠かせないものが、担保になります。

 

担保とは、融資を受けるだけの価値のあるものを代わりに金融機関に預けることによって、融資を可能にするという制度であり、一般的には不動産や預金などが用いられるものとなっています。担保ともう一つ融資を受けるために欠かせないものとなっているのが保証人の存在です。保証人も担保と同じく、融資を受けた人が何らかの事情により返済を行うことができなくなってしまった際に、その保証を行う人のことをさします。このような制度は銀行側が確実に融資を行った金額とその利息を回収できるように行われるためには欠かせない制度であり、銀行運営のために大きく貢献しているものとなっています。

 

銀行融資を受ける際に、最もよく使用される担保が不動産による担保であるとされています。短期借入の銀行融資の中でも、当座貸越や手形貸付の極度枠を設定する際に使用される担保は、ほぼ不動産が用いられるものと考えて間違いはないでしょう。さらに短期借入の場合だけではなく長期借入の場合にも、不動産担保が使用されることは多く、担保といえば、不動産担保であるという考え方が一般的なものとなっています。

 

不動産担保とともに、融資の際の担保としてよく使用されるものが、定期預金担保です。定期預金担保というものは当座貸越枠を作るときなどによく使用されるものであり、そのほかの手形貸付の際などに使用されることはあまり一般的ではありません。定期預金の担保は、融資を受ける会社の定期預金をはじめ、代表者やその家族など、第三者の預金であっても使用することができます。

 


このページの先頭へ戻る