借入申込書

銀行での融資を受ける際に最初に必要になるものとして、所定の銀行に融資を依頼するということがあると思います。まず依頼がなされなければ、その後の取引を行うことが不可能なのは言うまでもありません。多くの場合銀行で融資を受ける際には、銀行の窓口で直接依頼を行うという方法が一般的なものとなります。しかし銀行側の意向によって、時として釈入申込書のような書類に記入を行うことが必要になる場合があります。しかし釈入申込書も、あまり明確に記載しすぎると、かえって銀行側から信用を得られないこともあり、扱いどころが難しいものとなっています。

 

最も有効な借り入れ申込書の記載方法とされているのは、大まかに必要な情報のみを記載しておき、融資の依頼をする際に、口頭で書いてあることについての補足説明を行っておくということが最も効率的な方法とされています。つまり釈入申込書は、口頭で説明することの大まかな予定位に考えておくことが重要になってきます。

 

釈入申込書に記載する項目としては、まず借入希望金額を記載しなくてはなりません。この借入希望と合わせて、自己資金の記載をすることも進められておりこの2つを合計した金額が、最終的な必要資金総額として扱われることになります。そのために借入申込書には、合計3つの金額を記載することが必要になります。この金額が後に融資を行うことができるかに大きな影響を及ぼすことになります。

 

そのほかには資金用途を記載しなくてはなりません。融資によって得た資金を果たしてどのような名目で使用していくのかを明確にした上でないと、銀行の融資を受けることは大変難しいこととなります。

 

その他にも借入希望期間や返済方法など、多くの情報を記載することになるために、融資を受けているあいだは借入申込書は大変重要な資料として扱われます。

 


このページの先頭へ戻る