中小企業が融資を受けづらい理由

一時期中小企業へ向けた融資の金額の合計が、以前に比べて100億円も減少したという報告がなされた時期もあるなど、大手の銀行の多くは、中小企業へと向けた銀行融資に対して、積極的ではないことが多いものとされています。そのために貸し渋りや貸し剥がしなどという独自の用語も用いられるようになるなど、銀行が中小企業向けの融資を展開することはとても珍しいことであるという認識がなされ、銀行に対するマイナスイメージというものも少なからず存在しています。マイナスイメージが定着してしまったとしても、銀行が中小企業に対して融資を行いたくない理由として、様々なものが考えられています。

 

まずは収入の面での問題があります。実際融資を行うためのコストというものは、金額の大小によってあまり左右されるものではありません。そうなると同じコストで多くの収入を得ることのできる、大企業の融資を積極的に行ったほうが、銀行側にとっては効率よく金利などによって収入を多く得ることができるようになるために、効率の良い影響を行うために、中小企業よりも大企業を大きな金額での融資を行いたいと考えることが多くなります。

 

もうひとつの理由は、多くの中小企業は大企業と比較して、経営が安定していないという点があります。銀行側が融資を行う以上、利息も含めた金額を確実に返済する能力を持った相手と融資の契約を結ぶ必要があり、個人での融資契約を行う際に厳しい審査が行われることになることからも、そう言ったことがわかると思います。しかし中小企業の多くは、安定して返済していくための能力が安定した経営を行っている大企業と比較しても、返済の能力に劣るものであるという見方がなされることも多く。積極的に融資を行うことが難しいと考えられるのです。


このページの先頭へ戻る