銀行融資5科目

銀行融資を受ける際に、最も重要視されるもののひとつが、融資を受けて得ることができた資金を果たしてどのような目的で使用していくのかということにあります。その目的がはっきりすることによって、返済のめども立ちやすくなるほか、融資を行う相手のことをより信用できるようになります。融資というものは信用があって初めて受けられるものとなるために、この項目は非常に重要なものとして考えられています。

 

融資によって得ることのできた資金をどれくらいの期間で返済することができるのかが、最も大きな資金運用の目的として考えられるものです。そのために銀行融資と一言で言っても、返済期間を中心に様々な種類の銀行融資が用意されることになっており、それを知ることによって、自分はどの融資を受けることが最も効率よく返済を行うことができ、資金運用が有利になっていくかということが言えるようになります。

 

有志による資金運用のうち、最も大きな基準となるのが、どれくらいの期間で、融資の資金を返済することができるかということになります。その資金をどれくらいの期間で運用していくかによって、銀行融資の種類は決まっていくものです。一般的には1年という期間を基準とし、1年以内に返済することが可能な融資と、返済に1年以上かかる融資とに大別されることになります。その中で融資科目によって銀行融資は、1年以内に返済のできるものは、割引手形、手形貸付、当座貸越の3つに分けられることになり、1年以上の返済期間がかかるものに関しては、証書貸付と支払い承諾の2つに分けられることになります。

 

これら5つの銀行融資の方式を銀行融資5科目と称し、自分がどのような目的で銀行融資を受けるかによってどの方法で融資を受けるのかが決定していきます。


このページの先頭へ戻る